Science, Technology, and Entrepreneurship

早稲田ビジネススクール准教授。研究分野である、「科学技術とアントレプレナーシップ」に関することを中心に、日常生活で考えたことをお届けします。

定量分析の基礎を身につけるために - Stata入門 -

僕のゼミでは、サイエンスの一分野である経営学を学んでもらうために、定量分析の基礎を身につけてもらうことにしています。 加えて、最近スター・サイエンティスト・プロジェクトでのリサーチ・アシスタントを公募しており、希望者の方々に、定量分析の基礎…

MBAゼミ生の皆さんに読んでいただきたい本のリスト

今度、MBAのゼミを立ち上げるにあたって、ぜひ読んでいただきたいなと思う本をまとめました。 これは、ゼミの皆さんに共通知識を持っていただくためです。なお、これらの本はゼミの中で読むかもしれないですし、各自気が向いたときに読んでいただく形式にす…

早稲田ビジネススクールの准教授に就任しました

9月1日付けで、早稲田ビジネススクールの准教授に就任いたしました。 テニュアの准教授ポジションということで、安定したポジションだからできるリスクをとった研究活動を広げていきたいと思っております。 私の慶應時代を知る方は、早稲田に行くことに驚か…

宮井克己先生との思い出

昨年の11月に、僕がサンディエゴでお世話になった宮井克己先生が亡くなったのですが、日本に戻ってきていても、話題が出ることが多く、まさにサンディエゴと日本連携のキーパーソンだったんだと思います。いつも宮井さん、と呼ばせていただいていたので、こ…

イタリア本

先日、イタリアに久々に行ってみて、僕自身、イタリア育ちにも関わらず、イタリアの歴史を深く知らないなぁと思って、高校の世界史の先生に、お勧めの本をお聞きしました。備忘録を兼ねて、以下に教えていただいた本を。どれも読んでみたい本です。時間ある…

京都と文学作品

京都をより知るにあたって、関係する文学作品を読むとより知識が深まるということで、色々考えています。 僕が高校時代に授業で習った作品で、京都が舞台で思い出すのは以下の2冊。 檸檬 作者: 梶井基次郎 発売日: 2012/09/27 メディア: Kindle版 クリック:…

京都通いと京都本

最近、京都大学医学部のHiDEPというデザイン思考を使ってメディカルデバイスを考案するプログラムにメンターとして携わっているので、2週間に1回程度京都に通っています。 京都にいる友人・知人の皆様のお陰で、色々な意味で京都を満喫中。この機会に京都…

これからの日本の高校が果たすべき役割

先日、母校である慶應義塾湘南藤沢中等部・高等部の新カリキュラム委員会という教員がこれからの学校のカリキュラムを考える会議に呼んでいただいて、最近考えていることをお話させていただきました。 そのときにお話させていただいたり、議論させていただい…

UC San Diegoのエコシステムを理解するためにおすすめの本

「大学トップマネジメント研修」のサンディエゴプログラムの運営をお手伝いさせていただいていることもあり、UC San Diegoのエコシステムを学ぶためにはどんな文献が良いかを聞かれることがあります。ということで、以下おすすめの本をご紹介します。 プログ…

Roots & Wingsビデオ集

シンガポール国立大学では、Roots & Wingsという、大学1年生向けの21世紀に生きていくために必要なスキル学ぶためのワークショップがあります。以下のようなトピックを扱うとのこと。 Our world is becoming increasingly complex and fast changing. Som…

アクセラレーターはベンチャーの成長にとって有効なのか?

この夏に卒業予定の米国の博士学生がまとめた「アクセラレータのベンチャーへのインパクト」をまとめた論文をご紹介します。 How Do Accelerators Impact the Performance of High-Technology Ventures? by Sandy Yu :: SSRN アクセラレータに参加するベンチ…

シンガポール国立大学から学んだこと

はじめに 1月中旬にシンガポール国立大学の研修に参加させていただきました。今回のシンガポール滞在、とても有意義でした。大学トップマネジメント研修@シンガポール国立大学(NUS)から学んだことが沢山あります。どうして、NUSがグローバルランキングで、…

2017 Kauffman Dissertation Fellowship

2017 Kauffman Dissertation Fellowshipが発表されました。毎年、米国の大学に所属する学生で、アントレプレナーシップ分野の研究をしている人の博士論文に研究費を助成する制度です。僕は2回ほど応募したことがあるのですが、残念ながら採択されませんでし…

あけましておめでとうございます: 2017年の目標「国際共著論文の量産」

皆様、あけましておめでとうございます。今回の年末年始は、年末まで仕事をしていて、年始からも仕事に追われています。 毎年新年に目標を立てています。ちなみに2016年の目標は「本を出版する」でした。この目標まだ完全には達成できてないのですが、授業の…

2016年を振り返って

皆様、今年1年も大変お世話になり、ありがとうございました。毎年、年末にその年の1年間を振り返って、10大ニュースをまとめています。今年も色々なことがあった1年でした。新しい環境の中で、とっても素敵な出会いがたくさんあって、特に新しい環境に…

Farewell in Silicon Valley - March, 2016 ご挨拶

3月25日に、Silicon Valleyの皆様にfarewellを開催していただき、たくさんの皆様にご参加いただきました。その際のご挨拶をまとめました。 はじめにまず初めに幹事のお二人に御礼申し上げます。実は今回、何人かの方からお別れ会をと声をかけていただいたの…

2016年「新年の抱負」- アカデミアとしての基盤作りのために

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。さて、毎年年初に、その年の目標を決めて宣言しています。以下が、過去14年の目標です。毎年よくこれだけ続いているな、と思います。 2015年 「腹回りのダイエット」 2014年 「博士のマ…

2015年を振り返って

2015年も終わろうとしています。この1年は自分にとって、色々と変化の大きな1年でした。今年も例年と同じように、10大ニュースとしてまとめてみようと思います。 1. 博士を取得 やはり、今年最大の出来事は博士を取得したことだったと思います。大学生の頃…

この1年間でお迎えしたゲスト - もう何人来たかも数えられない。。

サンディエゴに来てからのゲストをブログでご紹介してましたが、よくみてみたら最後に更新したのは、去年の9月でした。そのときまでに47人のゲストが来ていたと記録されてます。さて、この1年、本当に収拾がつかないくらいたくさんのゲストがいらっしゃい…

NBER Summer InstituteのEntrepreneurship Working Groupに参加しました

NBER Entrepreneurship Boot Campの参加者は、NBER Summer Instituteの中でEntrepreneurship Working Groupに招待されました。 WGプログラム: http://conference.nber.org/confer/2015/SI2015/PRENT/PRENTprg.html 全体プログラム: http://www.nber.org/sche…

NBER Entrepreneurship Boot Camp に参加中

今週は、NBER Entrepreneurship Boot Campに参加するために、ボストンにきています。 米国には NBER (National Bureau for Economic Research、全米経済研究所)と呼ばれる民間の経済学の研究組織があります。米国中の優秀な研究者が集積している研究組織とい…

留学中の学業・研究の実施状況 (9) - 2015年4月13日

半年に一度、奨学金財団の方に報告書を送信しています。こういった報告書はなるべく広く公開した方が有益だと思うので、ブログにもuploadしておきます。 留学中の学業・研究の実施状況 (9) 2015年4月13日 学業・研究関連 【研究】 博士候補になって以降は、…

IoTとサンディエゴとBaja California Mega Regionの話

最近、藤原洋さんをUC San Diego EmPac Fellowとして5月にお迎えするにあたって、サンディエゴでのIoTビジネスの可能性について色々と調べています。実は調べてみると、結構色々な可能性があって面白い。IoTといってもとても幅広いのですが、まずは3Dプリン…

Happy New Year 2015 - 頭でっかちではない新年の抱負 -

あけましておめでとうございます。渡米して5回目の新しい年をサンディエゴで迎えています。皆様にとって、2015年が素晴らしい1年でありますように。 さて毎年新年にはその年の目標を決めています。ちなみに2014年の目標は、「博士のマーケットに出て、ポジシ…

あけましておめでとうございます - 2014年の振り返り

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。この年末年始は3週間弱日本に出張していました。例年は年内にサンディエゴに戻ってくるのですが、今年は色々考えて正月も日本で過ごすことにしました。実は正月を日本で過ごした…

アメリカで初めて授業を担当しました! - Innovation to Market A (MGT121A) -

この夏は、渡米して初めて授業を担当しました。今まで日本で授業を教えたことは何度もあったので授業自体は緊張しないのだけれども、やはり全部英語で、それもアメリカの大学で現地の学生を教える、というのは自分にとっては新しい挑戦でした。 フルに授業を…

留学中の学業・研究の実施状況 (8) をupしました

留学当初にいただいていた吉田育英会の奨学金は半年に一度報告書の提出が求められています。この奨学金は2013年7月に終了したものの、半年に一度程度報告書をまとめることは自分自身の棚卸しとしても有益と思い、引き続き報告書を提出することにしています。…

Bioinspiration - デザイン思考の次の一歩 -

最近サンディエゴで出会った新しい概念に"Bioinspiration"というものがあります。自然界に存在している動物や植物の形というのは、進化を繰り返して生き残ってきた訳で、それ自体が優れた機能性、デザイン性を持っています。そのような動植物の持つデザイン…

艦上リセプション - Kashima -

僕がサンディエゴで影響を受けたものの一つに、海上自衛隊や日米同盟への関心、というものがあります。サンディエゴに住んでいる日本人女性の出身地の統計をとると、横須賀、沖縄、佐世保が多い、と聞いたことがあります。サンディエゴは海軍の街。海軍の人…

「時には昔の話を」したくなるサンディエゴ生活 - サンディエゴ三田会50周年記念文集 -

サンディエゴ三田会50周年にあたって、記念文集を作ったのですが、その原稿、どんなことを書くか、とっても悩みました。実は3回くらい草稿を書き直す、ということをやっています。結果的にこんな内容に仕上がりました。 「サンディエゴ動物園に行ったことあ…