Science, Technology, and Entrepreneurship

政策研究大学院大学助教授。研究分野である、「科学技術とアントレプレナーシップ」に関することを中心に、日常生活で考えたことをお届けします。

世界のインキュベーションの最先端を知る! -5th Annual Global CONNECT Conference


先日ロンドンにて、開催された5th Annual Global CONNECT Conferenceに参加してきました。このカンファレンスには3回連続参加しています。アジェンダの概要は、以下のURLにまとまっています。せっかくなので、どんな内容のカンファレンスだったかを日本語で解説しておこうと思います。今回のカンファレンスは、結構内容が濃く、これからのインキュベータのデザインに有効な知見が多数あったように思います。

http://globalconnect.ucsd.edu/events/london07agenda.cfm

2007年12月12日(水)

時間 タイトル 内容
7:30 - 8:30 AM レジストレーション + ネットワーキング 登録 + ネットワーキング
8:30 - 9:45 AM ウェルカムスピーチ + 基調講演 Mary Lindenstein Walshok氏 (カリフォルニア大学サンディエゴ校学長補佐 / CONNECT & Global CONNECTファウンダー)、Greg Horowitt氏 (Global CONNECTファウンダー)、Steven Koonin氏 (Chief Scientist, Energy Trends and Technologies for the Coming Decades)
10:00 - 10:30 AM 休憩 ネットワーキング
10:30 - 12:00 PM 分科会1: 研究開発型シーズ + アーリーステージファンディング Rohit Shukla (CEO, Larta Institute CEO)他: 研究開発組織からのベンチャー企業に対するアーリーステージのファンディングに関して議論する。
10:30 - 12:00 PM 分科会2: 国際連携プログラム Karen Brooks氏 (Manager of Special Projects, SETsquared Partnership)他: Global CONNECTのブリッジプログラムを活用して国際連携を行った事例を紹介し、その成果について議論する。
12:00 - 1:30 pm 昼食+キーノートスピーチ Ian Pearson氏(Minister of State for Science and Innovation)
1:30 - 1:45 pm 休憩 ネットワーキング
1:45 - 3:15 pm Springboard Steve Orr氏 (CEO, CONNECT Northern Ireland)他: 起業家に対するコーチングプログラムの実例のデモンストレーションを行う。
3:45 - 5:15 pm 分科会3: 次世代インキュベータ Nathan Owens氏 (Director, Regional Assessments, Global CONNECT)他: 成功ベンチャー企業を輩出するためのインキュベータのモデルについて議論する。
3:45 - 5:15 pm 分科会4: 起業家を呼び込む Ian McDonald氏 (Founding Director, CONNECT Scotland and CONNECT Auckland)他: いかにしてアントレプレナーのネットワークを構築するかについて議論する。
6:00 - 7:30 pm リセプション ネットワーキング

2007年12月13日(木)

時間 タイトル 内容
8:30 - 9:00 am コーヒー + ネットワーキング ネットワーキング
9:00 am - 10:30 am 分科会5: 新たな出口戦略 Greg Horowitt氏 (Director and Co-Founder, Global CONNECT)他: 株式公開の手法について、AIMにフォーカスしつつ議論する。
9:00 am - 10:30 am 分科会6: 地域ネットワークをつなぐ Torstein Skage氏 (CEO, CONNECT Norway)他: ベンチャー企業家が地域ネットワークをいかに有効活用するための場を提供するかについて議論する。
10:30 - 11:00 am 休憩 ネットワーキング
11:00 - 12:00 pm クリーンテックのクラスターを構築する Nick Smailes氏 (Director of Special Projects, SETsquared Partnership)他: クリーンテックのクラスターをいかにして構築するかについて議論する。
12:00 - 1:30 pm 昼食+キーノートスピーチ Richard Halkett氏 (Executive Director, NESTA): 英国の科学技術政策について紹介する。
まとめ

このときに実際に得られた感想については、もう少しして色々とまとめたら、皆様にご紹介できればと思います。