読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Science, Technology, and Entrepreneurship

政策研究大学院大学助教授。研究分野である、「科学技術とアントレプレナーシップ」に関することを中心に、日常生活で考えたことをお届けします。

世界級キャリアへの転職の仕方

ON


国内に留まらないキャリアを志向する人は僕の周りには結構多いんだけれども、では実際どのような形で、自分のキャリアをdomesticなものからglobalなものに変えていけばいいのかは難関です。例えば海外のMBAに行くことでキャリアチェンジをする人は沢山いると思うけれども、普通の転職活動で海外に移住することはできないのでしょうか。


ということで高校の同期で人材系の仕事をしている方にお尋ねしてみました。その概要をご本人の了解をいただいて、一部改編して、以下にまとめておきます。

まず、転職したいと思うそれぞれの国によって事情が少しずつ違います。国内で日本語でそういう仕事探しはまずできません。すごく優秀で、キャリアをそこそこ積んでいる方は別です。基本的にローカルのサービスを使うしかありません。英語は必須です。


米国の場合は、Monster (http://www.monster.com/)、CareerBuilder(http://www.careerbuilder.com/)という2大マッチングサイトがあるそうです。2社とも非常に大きな会社なので、米国以外の求人もグループ会社などで扱っています。


その他の国、例えばシンガポールにはそういったマッチングサイトはほとんどありません。ほとんどの人は日本で言う紹介会社に依頼するか、直接企業に応募します。例えば、http://singapore.recruit.net/ を見れば、紹介会社が扱っている案件を検索できるので、まずは自分に合いそうな紹介会社を探してそこに登録する、というプロセスが必要です。あとは紹介会社に自分の要望を伝えれば、仕事を紹介してくれるかもしれません。一つの紹介会社と付き合うよりか、複数の紹介会社と付き合うといいでしょう。


シンガポール以外の国も http://singapore.recruit.net/ から選択することはできます。一部、日本の紹介会社がアジアに拠点を持っていたりしますが、殆どの場合、日系企業の案件しか扱っていません。


現地の人は紹介会社やマッチングサイトを使わずにLinkedInを使ったり、勝手に企業にresumeを送ったりなど積極的に動いている人は多いので、自分の働きたいと思っている会社が決まっているんだったら、勝手にアプローチするのも有効な手段だと思います。