Science, Technology, and Entrepreneurship

政策研究大学院大学助教授。研究分野である、「科学技術とアントレプレナーシップ」に関することを中心に、日常生活で考えたことをお届けします。

キャリアを考えるにあたって、人生観を広げる本


僕が今まで読んだ本の中で、自分のキャリアを考えるにあたって、人生観を広げることにつながった本をご紹介したいと思います。理論ではなく、感覚で理解する本ばかりです。



やはり黒川さんや石倉さんの発するメッセージは、明快で分かりやすく、学ぶことが多いです。ちなみに「世界級」って書いてありますけど、日本での日常生活で考えるべきことばかりです。自分自身が新しいチャレンジをするときに、お二人に常に励ましていただいているように思います。


What I Wish I Knew When I Was 20: A Crash Course on Making Your Place in the World

What I Wish I Knew When I Was 20: A Crash Course on Making Your Place in the World


20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

  • 作者: ティナ・シーリグ,Tina Seelig,高遠裕子
  • 出版社/メーカー: 阪急コミュニケーションズ
  • 発売日: 2010/03/10
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 475人 クリック: 17,353回
  • この商品を含むブログ (404件) を見る

私がアントレプレナー教育に携わるようになって最も多くのことを学んだのはTinaからでした。彼女が本を書いたと聞いてすぐ原著を読んだのですが、色々な意味で人生観を広げるメッセージが込められていると思います。


ウェブ時代5つの定理 (文春文庫)

ウェブ時代5つの定理 (文春文庫)


梅田さんの著作は常にメッセージ性が高いですが、その中でもこの本は最も示唆に富んでいると思います。個人的にはシリコンバレーの「大人の流儀」が参考になりました。梅田さんにはJTPAのツアーでお話する機会があり、刺激を沢山いただきました。まさに梅田さんは「大人の流儀」を実践なさってる方で、参考になります。