Science, Technology, and Entrepreneurship

政策研究大学院大学助教授。研究分野である、「科学技術とアントレプレナーシップ」に関することを中心に、日常生活で考えたことをお届けします。

Dr. Kurokawa Returns


黒川清さんが再びサンディエゴにいらっしゃるとのことで、前回黒川さんに会うことのできなかった学部生の人たちを中心に、懇親会を企画しました。学部から院生、Global CONNECTのメンバーなど総勢15人近くで色々な話をできました。

黒川さんはいつも通りのストレートな物言いで、今の日本の現状やこれからのキャリアの作り方についてお話下さいました。「世界級キャリアの作り方」のプレゼントもいただいたり。

やっぱりこちらに来て強く感じるのは、交換留学で海外にきている学部生をもっとencourageしていかなくては、ということです。せっかく海外に飛び出しているにも関わらず、迫っているのは日本での就職活動。海外にいる間に是非、こちらでのネットワークを広げて、実績を作って、日本の狭い視野での就職活動に捕われないキャリアを作っていって欲しい、と強く思います。というか、留学した人くらいそうなってもらわないと日本の未来がない。。。

今回の日本の大災害の不幸中の最大の不幸は、結局日本が大きく変わるほどのdriving forceにはならなかったことだったと思います。これからの日本を引っ張っていこうという気概を持つ人たちには、日本を物理的にも精神的にも「脱出」して欲しい、との思いをこの1ヶ月でより深めました。

自分は自分らしく生きるんだ、という自信を持つことが、海外留学で学ぶべき一番大事なこと。でもこれができないまま日本に帰国する日本人留学生が極めて多いように思います。留学の人数を増やすだけではなく、この「自信を持つ」という質的な意味をきちんと考えていかないといけないように思っています。