読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Science, Technology, and Entrepreneurship

政策研究大学院大学助教授。研究分野である、「科学技術とアントレプレナーシップ」に関することを中心に、日常生活で考えたことをお届けします。

Happy New Year 2012!


2012年を迎えました。あけましておめでとうございます。皆様にとって、2012年が素晴らしい1年でありますように。

現在米国に住んでいるため、ここ数年は年賀状などは出しておりません。代々木上原の実家に年賀状等をお送りいただいた皆様、電子メールでいただいた皆様には個別にお返事させていただきます。年末は日本に行きましたが、1月3日から大学が開始ということでその準備もありますし、12月30日の夜(というか天候トラブルのため遅れて31日早朝)にはサンディエゴに戻ってきました。

さて毎年新年にはその年の目標を決めています。2011年の目標は、自分にとっての「ワークライフバランス」を身につけるというものでした。この目標については、もちろんパーフェクトとはいかないまでも、サンディエゴに住むことで随分自然に達成できたように思います。昔のように仕事のために無理をしすぎることはなくなりましたし、お酒も土日にたまにたしなむ程度。


参考までに過去10年間の目標は以下の通りです。

2002年 「意思決定における公平性を身につける」
2003年 「財務に強くなる」
2004年 「ネットワーキング理論に強くなる」
2005年 「多数の学会発表、論文の執筆を行う」
2006年 「マネジメントにおけるリーダーシップを身につける」
2007年 「組織としてのマネジメントを学ぶ」
2008年 「博士取得に専念」
2009年 「海外進出」
2010年 「自分にとってのディシプリンとプリンシパルを身につける」
2011年 ワークライフバランスを身につける」


さて、2012年は「アメリカのアカデミアにおいて実績を出す」、ということにしたいと思います。渡米してからの1年半で、コースワークには慣れましたし、沢山のことを学びましたし、共同研究パートナーも多数できました。まだ達成できてないのは、アメリカ社会で通じるアウトプットを出すことで、2012年はそのことを最優先にしたいと思っています。


「2012年の目標: アメリカのアカデミアにおいて実績を出す」