読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Science, Technology, and Entrepreneurship

政策研究大学院大学助教授。研究分野である、「科学技術とアントレプレナーシップ」に関することを中心に、日常生活で考えたことをお届けします。

ケース・スタディの方法


経営学の分野で研究を進めようとすると、ケース・スタディ法が有力な手法となります。その分野のバイブルと呼ぶべき本は、Yinによる「ケース・スタディの方法」です。


ケース・スタディの方法[第2版] (マーケティング名著翻訳シリーズ)

ケース・スタディの方法[第2版] (マーケティング名著翻訳シリーズ)


数年前にこの本を読んだときのサマリーを掲載します。

Yin, Robert K., "Case Study Research: Design and Methods, 2nd ed.,"Sage, 1994.(邦訳:近藤公彦、『ケース・スタディの方法』、千倉書房、1996年.)


ケース・スタディは、社会科学リサーチを行う上でのいくつかの手法の一つであり、「どのように」あるいは「なぜ」という問題が提示されている場合、研究者が事象をほとんど制御できない場合、そして現実の文脈における現在の現象に焦点がある場合に適切なリサーチ戦略である。

ケース・スタディは、「単一ケース」もしくは「複数ケース」、「全体設計」もしくは「部分設計」の組み合わせによる4つのパターンがある。またケース・スタディの質を高めるために、「構成概念妥当性」、「内的妥当性」、「外的妥当性」、「信頼性」の4点の精査が必要である。
ケース・スタディ研究者は、「問題を問うこと」、「傾聴」、「適応性と柔軟性」、「研究中の課題の把握」、「バイアスのないこと」などのスキルが要求される。実施にあたっては、「プロジェクトの概略」、「フィールド手続き」、「ケース・スタディ問題」、「ケース・スタディ・レポートの指針」などのケース・スタディ・プロトコルの開発が重要であり、これにより研究の信頼性を高める。またパイロット・ケース・スタディは、データの内容と従うべき手続きの両面からリサーチ・プランの洗練に役立つ。

データ収集にあたっては、「文書」、「資料記録」、「面接」、「直接観察」、「参与観察」、「物理的人工物」の6つの情報源があり、適切な情報源を選択が必要である。データ収集にあたっては3原則の考慮が必要となる。原則1は「複数の証拠源の利用」であり、具体的には「データ源」、「異なった評価者間」、「同じデータ群に関する視点」、「方法」について三角測量的手法を用いることにより、構成概念妥当性が高まる。原則2は、「ケース・スタディデータベースの作成」であり、データあるいは証拠の基礎、論文、報告書、あるいは本の形をとった研究者のリポートをまとめることにより、研究の信頼性が高まる。原則3は、「証拠の連鎖の維持」であり、個別の証拠が理論的につながっていることが重要である。

分析にあたっては、大きく分けて「理論命題への依拠」と「ケースの記述の開発」の2つの戦略がある。主要な分析法としては、「パターン適合」、「説明構築」、「時系列分析」、「プログラム論理モデル」があり、その他の分析法である「部分的分析単位の分析」、「反復観察の実施」、「ケース・サーベイの実施:ケース間の2次分析」と組み合わせることができる。分析にあたっては、1)すべての関連する証拠に依拠していることを示すべき、2)すべての主要な対立解釈を含めるべき、3)ケース・スタディのもっとも重要な側面に取り組むべき、4)自分自身の先験的な専門知識を持ち込むべき、などの考慮すべき点がある。

レポート作成にあたっては、オーディエンスを意識し、ニーズへの方向付けを行うことが重要である。リポートは、オーディエンスとのコミュニケーション手段であり、書面リポートと非書面リポートがある。例示的構造としては、「線形分析」、「比較」、「年代記」、「理論構築」、「サスペンス」、「非連続」があり、それぞれ説明型、記述型、探索型などの研究目的によって使い分ける必要がある。リポート作成にあたっては、1)極めて初期の段階から開始すべき、2)必要に応じて身元は実名を使い分けるべき、3)草稿のレビューにより妥当化すべき、などの考慮点がある。模範的なケース・スタディとは、「重要」、「完全」、「代替的な視点の提供」、「十分な証拠」、「魅力的」の
諸条件を満たすものである。


ところで、この日本語訳はバージョンが古いもので、その後新しいバージョンが出版されていますが、日本語訳は出ていません。せっかくなので、この手法を再度深く学ぶことと、英語の研究用語を把握することも含めて、2008年末に発売された最新の英語版を読みなおしてみようと思います。


Case Study Research: Design and Methods (Applied Social Research Methods)

Case Study Research: Design and Methods (Applied Social Research Methods)